✨ニ渡ホタル舟✨舟に乗ってホタルを見てきた。

感動する話, 鹿児島

ホタル舟のことを知ったのは3年くらい前。友達と行きたいねと話し、去年も計画していた矢先、颯良が入院した。

ちょうどホタルの時期。

今年は3月くらいから楽しみにしていて

4月に予約してからも指折り数える日々。

目前にして、体調が心配だったケド

雨の、予報が神様が味方してくれた。

「ママ、お船漕ぐ人は両手で漕ぐの?一本だけ?」7歳の疑問。

それも含めて

いざ出発!

わあっ。

はしゃぐ颯良。

ホタル舟にはライフジャケットを着用します。半袖じゃ肌寒いから上着は持って行ったほうがいいです。

左胸にある笛が気になってしかたない颯良。

黒毛和牛たけのこ丼

このお弁当階段やテントの中で食べるのかと思ってました。

7時半からの乗船なのに6時半までに来てくださいと言われていて

このお弁当を持って6時半乗船の場合、船で40分くらい同じコースを案内してくれるのです。

舟は、モーターが付いていて船頭さんが漕ぐものではありませんでした。

ホタルのいる場所に錨をおろし

お弁当タイム。

暗くなってからまた乗船。

なんだか得した気分♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪り

さすが筍、柔らかくって味が染みていて優しい味。お肉とよく合ってました。

颯良には、子供用。ちょっと小さめ。

いよいよ

ホタル舟、まだ、ちょっと薄暗い。

川内川を進みます。

一番はじめに見れるホタルは

✨いちばん蛍✨というそうです。

ホタルは求愛行動で雌のために雄がひかります。

雌のほうが大きいのだそうです。

舟で川を進むと

両岸にチラチラホタルが。

蛍の幻想的な光の点滅は一定のりずむがあります。

ただ、そのホタルをカメラにおさめるのが

こりゃまた難しい。

最新式のスマホ持っていても撮影する技術がありません。(T . T)

やっすいスマホでも腕がいいと

こんなふうに奇跡の一枚が✨

ホタルの絶景ポイントに舟をとめると

一匹のホタルが舞って

ふわぁっと舟に近づいてきた。

「ほら、袖にとまった」

船頭さんの声に目をやると

私の右手に。

光を放ちながらホタルがとまっている。

私は

ホタルのとまった手を

少し高くあげた。

みんなに見えるように。

視線がひとつになる。

4年前に他界した父かもしれない

と思うと、涙がでてきた。

2年越しで実現したホタル舟。

とても楽しめました。

 

何時間もかけ撮影したそうです。

ホタルの幼虫が上がっていくところ。

ホタルの幼虫
水辺からホタルの幼虫が階段を登ってるところ 3時間露光だそうです
ホタルの幼虫
ホタルの幼虫
ホタルの幼虫
ホタルの幼虫と漁の船
ホタルの乱舞
川内川川辺 ホタル舟の船着き場だそうです

6月2日まで楽しめます。

【大事なお知らせ】

明日5/18(土)に開催予定の「二渡区ホタルを観る夕べ」は、雨予報のため、中止となりました!
お越しの予定のお客様には大変ご迷惑をおかけします。何卒ご了承ください。

 ↑上のハートをぽちっと押してね