【お知らせ】検温、手指消毒、歌ったあとのマイクの消毒など、コロナ対策を強化してお客様のご協力をお願いしています。

6月の6がつく日は紫陽花のおまじないの日

紫陽花

土用の丑の日の午前中に(今年は6月21日)
あじさいを切って赤いリボンを結び玄関に吊るしておくと
商売繁盛、金運招来に良いとされています。

そして
女性の下の病気にならない紫陽花のおまじない

その一
6月の6のつく日(6日、16日、26日)
あじさい1本、半紙1枚、紅白の水引1組を用意し、
半紙に「烏(からす)枢沙摩金剛明王位」と書き、その半紙であじさいを包み、水引で結ぶ。
これを家のトイレの隅につるしておく。
家の女の人が「寝付かず健康でいられる」という
婦人病予防のおまじない。
※紅白の水引はのし袋に使ってあるものを使用

image

そして
一年後
乾燥した紫陽花を
『ありがとうございました。』
感謝して海や川に流すといいらしいです。

男性には
ドクダミで
同じようにするといいのだとか。
わが家の男性にも
ちゃんとドクダミで

image

その二
アジサイは「金運の花」と言われ、
もともとは「商売繁盛を願う時は蜂の巣を吊るす」として、
昔からの縁起担ぎの人達の間で、
花の形が蜂の巣に似ているので
「商売繁盛にはアジサイを飾ると良い」と言われるようになったそうです。

image

地方によってはその飾り方は違っていて、
‘出入口に植えておくと、お金が貯まる’や‘
土用の丑の日の夜明けに花を摘み、軒先に吊るすとお金に不自由しない’や
‘家のなかに紫陽花を活けると、小遣いに困らない’などなどがあります。

是非、おためしあれ。

+43
 ↑上のハートをぽちっと押してね