赤い下着の不思議なチカラ

今日のイチオシ

「申年に赤い服を身に着けると病が去る」
「申年に赤い肌着を贈られると、将来も下の世話にならないですむ」
「申年に赤い下着を4枚贈られると、死(4)が去る」……。

 どれも、申と赤の組み合わせです。なぜなのでしょうか?

 赤とは、さまざまな色のなかでも、とりわけ鮮やかで、印象的で、明るいものです。さらにこの「あかるい」が赤の語源になったのではといわれています。赤信号、商品の広告、消防車……と、人に注意を促す場面でよく使われているのは、このためです。

 その鮮明な「赤」には、穢(けが)れを祓(はら)い、厄を落とす、魔よけの効果があるとされてきました。

image

ご存じですか?「申年に赤い下着をつけると健康に過ごせる」という言い伝え。今年は12年に1度の幸運にあやかるチャンスです。

申の日に赤い下着を身につけると
幸運が舞い込むそうです。

image

2016年 申年の申の日カレンダー

1月:3日、15日、27日

2月:8日、20日

3月:3日、15日、27日

4月:8日、20日、28日

5月:2日、14日

6月:3日、15日、27日

7月:1日、25日

8月:6日、18日、30日

9月:11日、23日

10月:5日、29日

11月:10日、22日

12月:4日、6日、28

サルのワッペンがついたワコールの赤いパンツ

image

image

image

セクシーなものや可愛いものまで
色々あるので
ときには気分を変えて楽しんでみてはいかがですか?

南天の枝に小さな9匹のサルをのせて
「難を転じて 苦が去る」という縁起物らしいです。
『苦難サル』

image

サルのあたまは風船葛の種を使っています。
風船葛の種はハートの模様があり
とても可愛いです。

image

こんなに小さいんですよ!

image

さて
3日はひなまつり。
赤い下着を纏い幸運をひきよせましょう。

ちなみに私は
赤、黄色、青の下着を買ってきました。
赤はサルアカ
黄色は金運アップ
青はビタミンカラーで元気に
なんだか信号みたい(笑)

毎日が笑顔でいられたらいいですね。

 ↑上のハートをぽちっと押してね