【お知らせ】コロナ対策のため当面の間、昼は通常通り、夜は予約のみで営業します。検温、手指消毒、歌ったあとのマイクの消毒など、コロナ対策を強化してみなさまのお越しをお待ちしております。

骨盤臓器脱 子宮脱

日常のこと

母の病気で2日、朝イチから 病院通い。

朝8時前に指宿を出て10時から午後5時すぎまで。

病院にカンヅメでした。

手術を受けるためには

麻酔にたえられるか、色々検査をします。

母の主治医は✨神の手✨をもつ

リアルドクターXとよばれる

新村友季子先生✨

前立腺・膀胱・腎疾患を病む患者を救う為に鹿児島県内で初めて最先端医療ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入して奇跡の手を持つリアルドクターXこと にいむら病院理事長の新村友季子先生

このすごいドクターに私は

母にわかりやすく理解させるために

「お腹は切らすに穴を開けて糸を通し、そこから子宮を持ち上げつるすんだよ。魚の干ぼしみたいに」と説明した。母はハイカラな言葉は理解不能だから。

先生は大爆笑。

私はちびまる子ちゃんになった気分泣き笑い的な。

採血したりCTとったり、

母は元気で。

いままで病気もしたことがなく怪我以外の入院もありません。

採血もたくさんとられるたびに

「血も減ったが」

とか、検査の必要性も全く理解してません。

大きな病院は検査ばかりで面倒くさいみたいな感じで 地元の検査もなく、どこもなんともないですよと言われる病院がいい病院だと信じてます。

2日目は

術前検査で

中央クリニック

大きな病院で何度も病院内で方向音痴な私は2階か3階か分からなくなりました。いったりきたり、自分が何階にいるのか…

見た目は元気そうな母

中身はあちこち、それなりにガタがきています。

術後も

色々と治していかなきゃならない病気がてんこ盛り。

眼科、糖尿病からの狭心症の疑い

諸々。

心臓の造影剤でうつした写真はものすごくリアルでわかりやすかったです。

 

本人はひとごとのように

あまり深刻には考えてないし、困ったもんです。

母の病気は子宮脱。

子宮脱子宮下垂とも言います)とは、骨盤底の筋肉と靭帯が伸びて弱まり、子宮の正常な支持が失われると膣へ下垂し、症状がひどくなると膣外へ脱出します。 骨盤臓器の疾患の一つです。 子宮は通常、骨盤内のさまざまな筋肉、組織、靭帯で固定されています。 妊娠、出産により、一部の女性ではこれらの筋肉が衰弱します。

 ↑上のハートをぽちっと押してね 

';})();}catch(e){console.error('bc_1108db87700c495afa633f27c9c97561.error: '+e.message);}