【お知らせ】検温、手指消毒、歌ったあとのマイクの消毒など、コロナ対策を強化してお客様のご協力をお願いしています。

2月1日

今日の一曲, 日常のこと

私のなかで特別な日です。

いまは

もう会えないふたりの我が子の

誕生日。

息子は、3歳で旅立ち

来年33回忌です。

娘は

もうながく

会えてません。

祝う主のいない誕生日

やっぱり私にとっては

おなかを痛めた日なので

ささやかな

お祝い。

お花買ってこよう。

午前中、家事におわれて

なんにも出来なかったから。

でも

思い出の曲歌ってしまうと

涙腺崩壊してしまいそう。

ちなみに

2月1日は

鬼滅の刃の胡蝶しのぶさんの

🦋誕生日🦋

らしいです。(笑)

ちょっとだけ、

鬼滅の刃気分を共有できました。

今日の一曲

私がそちらにいくまで

待っていてね。

川中美幸さん

「少しサヨナラ」

歌:川中美幸

作詞:板橋かずゆき

作曲:板橋かずゆき

子供みたいに泣いてるあなたが 見えていますよ
だれにも最初の朝があり 最後の夜がある
もう泣かないで もう泣かないで
私は幸せでした
もう泣かないで もう泣かないで
寂しくなんかない
少しサヨナラ また会うために
巡り会うときまで 少しサヨナラ

恋もしました夢も挫折も 辛く悩んだ日々
どんな出来事もみんな置いて行く 新たな未来のため
もう笑ってね もう笑ってね
あなたは今を生きて
もう笑ってね もう笑ってね
優しさ ありがとう
少しサヨナラ また会いましょう
生まれ変わるために 少しサヨナラ

見上げた夜空(そら)には 輝く星が
あなたを見ている ずっとずっと一緒だよ
少しサヨナラ また会いましょう
巡り会う日が来る それが約束
生まれ変わっても またあなたと生きる

この曲は

板橋かずあきさんの曲で

川中美幸さんが

惚れ込んで

おかあちゃんへの思いを歌ったのだときいています。

ほんとに

いい曲で心に沁みます。

+6
 ↑上のハートをぽちっと押してね