【お知らせ】コロナ対策のため当面の間、昼は通常通り、夜は予約のみで営業します。検温、手指消毒、歌ったあとのマイクの消毒など、コロナ対策を強化してみなさまのお越しをお待ちしております。

急性緑内障を防ぐために白内障の手術

日常のこと

9時前に病院に着くと

事前説明。

ビビりまくる私に「歯の治療より痛くない」と看護師さんがフォローしてくれた。

痛みより恐怖なのだ。

診察で、私の目は、

20代の若者の半分いかの狭さらしく

急性緑内障の患者が年間6人くらい運ばれて来ると説明してくれた。

前房が狭いと急性緑内障になりやすいのだ。

手術までの2時間半、4種類の目薬を何度もさす、

10回くらい

いよいよ手術室へ。

日帰り手術の患者さんと2人手術室にはいります。

ドクターが、「私のスリッパはなんとかならないのか」

笑いながら言う。

見ると、上履きの黒いスリッパの片側がぱっくりと割れていて大爆笑。

Amazonの到着待ちらしい。

手術室にサザンのアルバムが響きわたる。

目の部分が丸く空いたビニールシートをかぶされて手術開始。

サザンの歌を口ずさみながらメスをにぎる。

え?ꉂꉂ(>ᗜ<*)

リラックスできるけどさ〜

私の番になり、

4つのライトを見るようにと言われ

目を見開いたまま身をまかす。

サザン2曲くらい流れただろうか

緊張しまくる私に「目が若い」と言われても、喜ぶ気力もなくて

最後の注射らしき液体が染み渡ると鈍痛と言われたけど、私にしてみれば

かなり痛かった。

麻酔が聞いてるはずなのに

メスをいれても痛みを感じないのに

なぜ

痛いのか。

ドクターが顔が固まってるよ

何度も言う。

だってはじめてなんです。

「男性ならキャバクラの話するんだよ」

手術中にそんなことを言うドクター。

もしかしたら

天然な方だと思っていたけど

気遣いすぎるドクターなのかもしれない。

病室に戻ると食事がきていた。

痛みで食べられない。

20分後

ようやく 落ち着く。

ガンバレ私。

ドクター手術用の靴、早く届きますように。

(*´艸`)

昨日は上皇様も白内障の手術をされたのだとか。

わたしも忘れられない日になりそうです。

 ↑上のハートをぽちっと押してね