【お知らせ】検温、手指消毒、歌ったあとのマイクの消毒など、コロナ対策を強化してお客様のご協力をお願いしています。

馬頭観音

感動する話, 指宿, 鹿児島

池田には,平安時代の末期「宇治川の先陣争い」に召されたという,名馬「池月」の伝説がある。「昔,池田湖の畔にすばらしい親子の馬がいた。やがて子馬は捕えられ「池月」と名付けられた。母馬は子馬を探し続け,ある日,湖面に映った自分の姿を我が子と間違えて飛び込み,命を落としてしまった。あわれに思った村人たちは,母馬の霊を湖畔に祀った。」この場所が,小浜の馬頭観音である。母馬の命日とされる1月には例祭が行われている。
本日1月18日は
馬頭観音祭

image

この石碑もせつないですね。

image

山道をすすんでいきます。

ここで、去年のお札を焼いてもらいます。

image

少し険しい山道を登っていくと
てっぺんには
岩のうえから
見下ろす馬の姿がみえます。
我が子を探す母馬でしょうか?

image

祠があります。
手をあわせます

image

親子の馬の置物がありました。
子馬は後に、名馬『池月』とよばれます。

image

過去のブログに
池月のおはなし書いてます

池月
http://www.asobigocoro.com/?p=2805

馬頭観音のお守り
猿が馬をひいています。
家の中に幸せをひきよせる
お守り。

image

今年は
申年なので、特にいい年なんだそうです。

玄関に
馬を引き込む位置に貼るといいそうです。

池月大神御炊大夫

image

これは
台所のお守り。

お店もでていて、
鯛焼きと
黄水仙
ミニバラを買って帰りました。

+8
 ↑上のハートをぽちっと押してね