思い出づくり

ドラマ, 日常のこと, 映画

BSをみていたら

「思い出づくり」の再放送をみつけた。

実は私は

中3トリオでは森昌子が大好きでフェルトで作った小さなマスコットを渡そうと

枕崎から加世田まで汽車に乗り

ひとりで森昌子コンサートを見に行ったことがある。私は14歳の12月1日。

「北風の朝」

その当時はカラオケなんてなくて

たぶんカラオケで歌ったこともない。

思い出の曲なのに。

いま、思えば行動力あったなあ。

カンケーないけど森昌子の新曲情報

話がそれました。

思い出づくりが放送されていた頃、

私は古手川祐子が大好きで

憧れの女優さんだった。

『あゝ野麦峠』は、1979年の映画で、同じ年西武警察の、アコ役で可愛さMAXだった。

古手川祐子が、好きすぎて、ドラマやトーク番組をちまちま撮りためて専用のビデオまで作っていた。

結婚会見はいまでも鮮明に覚えてる。紫の小さい花をちりばめたすみれ色ののドレスと花かんむりが印象的だった。

今は激太りしてテレビでも見かけなくなったケド。

田中祐子さんは

この後の「おしん」でブレイク。

華奢な身体で演技力も抜群だった。

いま再放送で次の展開が待ちどおしく

ワクワク感がハンパない。

 

その、3人が集結した山田太一のテレビドラマ。
「想い出づくり」

(1981109日〜1982326 TBS系列) 「なんかひとりの時の、すっごくいい想い出欲しい」 適齢期を迎えた女性3人が、重圧と焦燥のなかで自分らしい生き方を模索していく。

古手川祐子の恋敵役
田中美沙(いまは田中美佐子)もデビュー作になったが
幼さが残るのに大胆な演技力はみどころの、ひとつと私は思う。
結構リアル。

テーマ曲もザンフィルの美しい音色のヴァン・フルートの音楽。歌がないのが印象的でした。だいたい出演している人が歌ってたりするからかえって目立ってました。

女性はクリスマスケーキと同じで24歳を過ぎると価値が下がると言われていた時代でした。

その焦りと揺れ動く女心をそれぞれ個性の違う役どころでハマり役でした。

予告も

それぞれがナレーションをしています。

最後にちょい役と言ったら失礼ですが

根津甚八もいい感じで登場していますね。

BS12チャンネルで
毎週月曜日7時から放送されてます

 ↑上のハートをぽちっと押してね