初夢


初夢と聞くと「大晦日」から「新年」にかけて見る夢というイメージがありますが、初夢の由来として、新年になってから最初の夢という意味なので、
諸説ありますが、初夢と言われるのは「元旦の夜」に見た夢という説が最も一般的だそうで、goo辞書では「元日または2日の夜に見る夢をいう。」と書かれています。
■縁起のよい初夢と言えば?

最も有名な縁起の良い夢と言えば、「一富士二鷹三茄子」



富士は目標や人生の高さを表し、鷹は非常に高く舞い上がることを表し、茄子は物事を成すなどという意味が込められているようです。

また

・富士、扇:末広がりで子孫や商売の反映を意味しています。

・鷹、煙草(の煙):上昇して行くので運気上昇を意味しています。

・茄子と座頭:どちらも「毛が無い」ことから「怪我が無い」と家内安全を意味しています。
■蛇や水でも金運アップ!

蛇と水が金運を引き寄せる!


例えば、白蛇や黄金の蛇などは幸運の象徴であり、金運上昇の意味が込められています。


他にもわき水や湖といった自然界の水が初夢に出てくれば、こちらも金運を呼び寄せるきっかけになりそうです。

池田湖の夢がみられたら最高(笑)

■枕元に七福神の絵を敷く

宝船に乗った七福神が、みんな笑っています。

みているだけで、笑顔があふれてきます。

ステキな初夢がみられますように。
今年もみなさまに

幸運が訪れますように。