オカメインコの目が腫れた!!

ちらのこと

オカメインコのチラは、シナモンパイド。6歳のメス。

昨年秋、左の瞼が少し腫れていたので、ひどくなる前に
ペットショップを訪れた。
鹿児島には鳥専門の病院はない。
それでも、小鳥やさん推薦の獣医さんだ。

wpid-DSC_0361

結膜炎
とのことで抗生剤を処方してもらった。

機嫌もよく食欲もあり元気だ。
私の仕事のほうも
店舗改装で、なかなか時間がとれなくて
一週間後にまたみせてください という医師の言葉に従えない自分がもどかしかった。

それから
数週間が経過したが
やはり 食欲もあるし
元気。

wpid-DSC_0406

チラは、ますますひどくなった。
動きに不自由さは感じるが
いたって元気だった。

wpid-DSC_0407

鳥は、元気なんじゃなくて元気にみえるんだ。
だから、ぜったいおかしい!
私がTwitterでつぶやくと心配して、チラを気遣う仲間からメッセージ。

wpid-DSC_0517

wpid-DSC_0515

wpid-DSC_0519
痛々しい チラ

可愛いチラが

こんな感じに

さすがに
ほっとけないので
違う獣医のとこに。

すると
やはり、最初の病院に連れて行くように
腫れた瞼から細胞を検査にまわすために、ノウを注射器で抜く。

チラは狂ったようにあばれ、
かるくなった瞼を勝手が悪いように左右にふった。

すると
注射針の跡から血が飛びちった。

3日後

やっぱり
腫れてしまう…

wpid-DSC_0516

それでも

必死に目をあけようと頑張っている。

麻酔をかけ、そのまま意識がもどらなくなった友達のヨウム。

飼い主の選択。

症例がないから
やってみないとわからないという現実。

すべては飼い主の判断。

私は

ノウを抜かれるときの悲痛なチラの姿を忘れられない。

もしかしたら、

切開する際
駄目になる場合も覚悟しなきゃならない。

再発も。

『チラはどうしたいの?』

本人にきいてみたい

私は
このまま様子をみることにした

年があけ、

私が足を怪我して入院。

画像は1歳の颯良とオカメインコのホワイトフェイス

wpid-DSC_0599

すると、
一緒に飼っていた羽衣セキセイが
お星さまになった。

仲良しだった、セキセイが
チラの病気を持って行ってくれた。

しばらくして

wpid-DSC_0739

腫れがひいて

もとのように。

wpid-DSC_0873

生命力ってすごいな。

長生きしてね

 ↑上のハートをぽちっと押してね