ママの味、するの?ミルキーなのに真っ黒な「魔法のミルキー袋」

今日のイチオシ, 遊美ごころのこと

不二家『ミルキー』シリーズから、「魔法のミルキー袋」と「魔法のミルキーチョコレート」が12月15日にコンビニエンスストア限定で発売される。

image

ペコちゃん…じゃない!

image

魔法のミルキー袋は、ソフトなミルキー生地にカシスの“赤黒ソース”を入れ、黒く仕上げたキャンディ。2015年7~8月に東京駅一番街の「東京おかしランド」で数量限定発売され、多いときは1日に5,000袋を売り上げたそうだ。想定価格は204円(税込、以下同じ)。

image

image

魔法のミルキーチョコレートは、カシス&ブルーベリーのクリームと“赤黒ソース”を包んだミルクチョコレート。今回初登場となる。想定価格は130円。

image

image

新登場のチョコも

昔から、
アニメ系に似てると言われてきたワタシ。

いまでは、
遊美ごころのお客様から
「ペコちゃん」
とよばれている

私の忘れもしない
「ペコちゃんストーリー」
がある。

遊美ごころを始めたばかりの頃、
蚊帳に
ペコちゃんの
おひな様の藍染の布を貼り付けた
暖簾があった。
あまりに可愛すぎて
和雑貨でいっぱいな店内に
不二家のペコちゃん
想像もつかないコラボ

それが
とてもマッチしてるのである。

そもそも、
私が慕っている、古布屋さんの店主が
「真子ちゃんに似とったから、これ、遊美ごころに合うと思って」
と作ってくれたもの。
入札で
たまたま、藍染めの
ペコちゃんをみつけたのだそう。

大好きなもの、
一点ものは
手放したくなくて「非売品」

なので、
友達から「でたー!売らないし!」
とよばれている。

残念なことに
どうしても、私の店より相応しいお客様が現れて
手放してしまった。

今頃、どうしているかな?

写真すら残ってない…。

 ↑上のハートをぽちっと押してね