古布とは



古布とは

古布とは、一般的に江戸時代・明治時代・大正時代・昭和初期 頃(戦前)に作られた古着物の生地のことで、「古裂(こぎれ)」とも呼ばれています。
古布の種類は、絹・木綿が中心で肌触り感もよく、とても懐かしい柄や、やさしく落ち着いた配色に魅了され年代ごとのレトロ感、日本の古き良き時代感が現れていて、現在では癒しのひとつとして親しまれています。
この古布の良さが気づかれずに破棄処分され、数が少なくなっていく為、お値段は年々増すばかり。どうしても古布作品の価格が高くなってしまうのは避けられません。
今、一番多く利用されているのは洋服です。
大きな古布は洋服に、小さな古布はパッチワークにブローチにと何度も何度も生きかえるのです。
当店では、このような古布を手作りの材料として、又はリメイクした商品を取り扱っております。
古布の素材を生かし、柄や色を厳選して1つ1つの作品が手作りされています。
古布はその名の通り、古い着物に使用された布です。
着物をほどいて使用する場合もあるため、 若干の作品に色ムラや汚れ、ほつれが出てしまう場合がございます。
ご購入される際には、上記のことを古布の特有のよさとしてご理解をいただき、ご了承頂きますようお願い申し上げます。

コメントする

*

CAPTCHA