車のドアに指を挟んだ〜治療4日目


昨夜、寝ている間に

包帯がスポンと取れてしまい

ばい菌がはいるといけないので

病院に電話すると11時にとの事

消毒だけなので

気楽に。

時間が中途半端だったので

店をあけ、シャッターをおろし、

備品を買いに100キンに。
ソラは買い物カゴをぶつけ

新たなキズをヽ(´o`;

大袈裟にかばいながら車にのりこむそらくん。
私はため息つきながら整形外科へ
整形外科には

若いドクター

まだ、血のでている擦りむきを丁寧に診察。

骨はおれてないようですね

言い方も優しい。

これだけの傷で来院したと思ったのか

それでも、とても親切。

こっちが心配でと紫色になった指を見せると
「血をぬきましょう」
私と颯良は

クリップ!→めっちゃ痛い!

頭の中でリフレインしまくった。
ヤバイ
でも、

この先生は注射針を取り出して処置してくださった。

その間もずっと痛くない?

と気にしてくださったのに

イタイ、イタイと返事する颯良。

だいぶ血をぬいたので

少し爪の色が薄くなった。
看護婦さんは

擦り傷も消毒して

うえから

グルグル包帯をまいてくれた。
4日目にして

一番重症患者っぽい。
車のなかで

「血を抜くって言ったとき、クリップ?と思ったらびびったし」

まるで小学生みたいに言う。
そのままイッシー公園に行き

花見をしている母に引き渡す。
颯良は花見を花火と勘違いして

ワクワクがとまらなかったらしい(笑)
さて、
明日もまた消毒。
午後から晴れの日曜日になりました。

汗ばむくらい。

桜吹雪のしたで食べる

お弁当は格別かも。