新年幕開け、1秒長く 元日にうるう秒 


2017年の1月1日は通常より1秒長くなる。地球の自転に基づく時刻(天文時)と原子時計が刻む高精度の時刻の間に生じるずれを調整する「うるう秒」が、ふだんは存在しない午前8時59分60秒として、8時59分59秒と9時00分00秒の間に挿入されるから


うるう秒の設定は2015年7月1日以来、今回で27回目。元日の挿入は09年以来、8年ぶりとなる。

地球の自転は少しずつ遅くなっており、天文時と原子時計との差は徐々に開く。

前回のうるう秒設定後の差が0.9秒に近づいたため、世界各国・地域で一斉にうるう秒を設ける。日本国内の調整は、日本標準時を管理している情報通信研究機構が担当している。

電波時計に時刻情報を提供する標準電波や、放送局やコンピューターに時刻を知らせるシステムも、うるう秒挿入後の正しい時刻に対応する。


[時事通信社]