【お知らせ】鹿児島県へのまん延防止等重点措置適用をうけ、20日~9月30日の期間、夜の営業をおやすみさせていただきます。 検温、手指消毒、歌ったあとのマイクの消毒など、コロナ対策を強化してお客様のご協力をお願いしています。

6つになった

遊美ごころのこと

名刺の整理をしていたら、
25年前の名詞がでてきた。

当時、私は名刺の裏に必ずなにかいれていた。
たから
いつも両面印刷。
いまのようにパソコンでやりたいようにできる時代ではないので
印刷屋さんで

image

くまのプーさんの原作者の  A A  ミルンの詩 (訳 周郷 博)
「6つになった 」

1つのときは なにもかも はじめてだった。

2つのときは ぼくはまるっきりしんまいだった。

3つのとき  ぼくはやっとぼくになった。

4つのとき  ぼくはおおきくなりたかった。

5つのとき  なにからなにまでおもしろかった。

今は6つで  ぼくはありったけおりこうです。

image

だから いつまでも 6つでいたいと ぼくはおもいます。 

自我の芽生える3歳児の姿を「ぼくになった」と 、
目の前の世界が急激にひろがりだした4歳児を「おおきくなりたかった」と
園生活を自分のものにし始めた5歳児を「なにからなにまでおもしろかった」と
そして仕上げの6歳児はおりこうでと自信にみちています。

だから最高の子ども時代である子どもたちの居場所。

幼稚園こそが彼らにふさわしい場所なのですね。・・・・

・けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる。
・とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる。
・不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる。
・「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる。
・子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる。
・親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる。
・叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう。
・励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる。
・広い心で接すれば、キレる子にはならない。
・誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ。
・愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ。
・認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる。
・見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる。
・分かち合うことを教えていれば、子どもは、思いやりを学ぶ。
・親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る。
・子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ。
・やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ。
・守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ。
・和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はよいところだと思えるようになる。

ドロシーローノルト・レイチャルハリス著 

詩が好きだから
言葉がすきだから
なにかに残したい
そんなときの名刺。

あらためて、その意味の深さに感動しました。

+21
 ↑上のハートをぽちっと押してね